読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界中が仲良くなれますように

じゃにーずおたくのひとりごと

たった三文字が言えなくて

わたしの中でほとぼり冷めたら消す予定です。



今回のこと知らない人は絶対に読まない方がいいです



知ってても、読まない方がいいです。


読んでもらうためではなく、どうしようもなくなったわたしの気持ちを吐き出すために書くのでほんと読んでいいことはないと思います。













今の気持ちはなんなんだろうな~ってずーっと考えてて。


悔しい、怒り、悲しい、寂しい、辛い、裏切り。

それでもすき?これからも応援する?


ずーっとぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる


裏切りって言い方は酷いかな

勝手に横尾さんはこういう人だって、わたしが見えてる部分だけで判断して、それを押し付けてるみたいかな


でもそうであって欲しかった。
わたしは本気で付き合いたいとか結婚したいとか思うような対象としては見ていなかった。


それでも。理想のファンでありたかった。誇ってもらえる、信頼してもらえるファンでありたかった。

その代わりにわたしにとっても理想のアイドルでいて欲しかった。



わがままかな


わがままついでに、わたしの秘めていた最高のわがままを言っちゃうと、結婚願望を以前からチラつかせている横尾さんには、いつか普通に結婚して、幸せな家庭を持ってほしいとは思ってた。

いつかね。

そして、その時に、わたしの最高にわがままな条件が2つある。

ひとつめ、わたしが認める相手であること。

ふたつめ、わたしが先に幸せになること。


ものすごくわがままで勝手なのはわかってるけど、半分冗談で、半分本気。



画像の使い回しとかさ、ポジティブにとると、ただ、その画像使いたかっただけで、匂わすとかいう意図はなかったのかなとも思ってて。

でもそこが甘いんだよなって。
そんな簡単なことでショック受ける人だっているんだよ。
そういう職業なんだよ。


ファンに対する礼儀って????あんなに礼儀正しい人が????

これも私もエゴなのかな。勝手に理想を思い描いてただけなのかな。


以前そういう認識甘いところに気づいてしまったとき、ちょっと冷めたこともあった。
ちょっと嫌な場面が3回くらい私の中で連続で起きたとき、ほんとに辞めようかなって思ったこともあった。隠してたけど。


でもいつの間にか気持ちは戻ってた。

わたしはいつ、なんで横尾担になったのか、自覚ないんだ。

気づいたらこうなってた。
二度とジャニオタにはならないと思ってたのに。



わたしは優柔不断で他人の意見に流されやすいから、ほかの人の意見とかはなるべく見たくなかった。

感情までも流されそうだから。


怒ってる人がいたらわたしも怒りが湧いてくるし、許す!って人がいたらわたしも水に流しそう。


自分の気持ちがわからない


わたしのしてきたこと、ばかみたいだったのかな、とか思ったらやっぱり悲しくて。

自分から落ちて、好きになったのにね。

自分勝手かな。


好きになってから、楽しかったことたくさんあって。
嫌な思いをしたこともあったけど、そんなの軽く上回るレベルで毎日のように楽しくて。


そんな毎日に水を差された気分。



今の複雑な気持ち消えるのかなぁ

消してくれるのかなぁ






いろいろ考えて吐き出してきたけど



だんだん悔しさとともに馬鹿馬鹿しくなってきた
こんなことでこんなに苦しむなんて




わかってたことだけど、アイドルは生活に潤いを、生き甲斐を、与えてくれるけど、そのためだけに生きていてはいけないんだなって実感した




今までと同じように、同じ気持ちで応援出来るかわからない


それでも



この2年捧げた情熱を、同じように捧げられる他のもの、もしくは他の人が見つかるまでは



担降り。オタ卒。大嫌い。

この三文字はまだ使わない。


わたしはわたしなりに楽しく生きる。






最後にひとつだけ恨み言



しばらく蕎麦食べられないのどうしてくれる